年俸46億円の2年契約とスペイン紙が伝える

 スペインの強豪バルセロナでキャリアを積み重ねてきた天才MFアンドレス・イニエスタに、中国から驚愕のオファーが届いたという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 イニエスタは来月で34歳になる年齢からも、今季限りでバルセロナを退団する可能性が高いと指摘されている。過去の報道では、クラブとの話し合いの末に4月30日までに決断を伝えることで合意したとされていたが、そのタイムリミットが近づいてきている。

 そのイニエスタに対して、今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で柏レイソルと同組で戦っている中国の天津権健が、年俸3500万ユーロ(約46億円)の2年契約という驚異的な金額のオファーを出したという。1年間はおおよそ52週間であるから、ほぼ1週間に1億円近い報酬を2年間にわたって受け取るという強烈なものだ。

 中国クラブは政府が定めたルールにより、日本円にして約7億円を超える移籍金で選手を獲得した場合は、同額を国のサッカー振興のために寄付しなければならない。しかし、イニエスタは成立しても契約の切れ目での移籍になるため、移籍金は発生しない。とはいえ、この年俸額は強気という言葉の範疇を大きく超えるものだ。


獲得の場合はパト、ヴィツェル、モデストの一人を放出する必要が…

 元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ監督が率いるチームは、ACL決勝トーナメントへの進出を決めている。その一方で元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、元ケルンのFWアンソニー・モデストといった外国人トリオから、イニエスタを獲得するために一人を放出する必要も生まれる。

 イニエスタは公表していないものの、すでに決断を下しているとされている。まさに“爆買い”という名がふさわしい報酬額により、バルセロナが生んだ天才は中国へ渡ることになるのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

天津権健が、イニエスタに年俸46億円オファーを出した【写真:Getty Images】