【ソウル時事】韓国大統領府報道官は15日、板門店で27日開かれる文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談について、標語を定め、「平和、新たな始まり」に決めたと発表した。

 6月初旬までに開催見通しのトランプ大統領と金正恩氏の米朝首脳会談と併せ、朝鮮半島の非核化や平和定着に向けた転機にしたいという意図を込めた。ただ、金正恩氏は非核化の前提として米韓の「段階的で歩調を合わせた措置」を求めており、非核化で合意に達したとしても、大枠の宣言にとどまる可能性が高い。米韓は両大統領の任期内の非核化実現を念頭に置いているもようだ。