ローマ戦の屈辱から中3日、バレンシアにホームで2-1勝利

 バルセロナは現地時間14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節バレンシア戦に2-1で勝利し、リーガ連続無敗記録を歴代最長となる39試合に更新した。その勝利を受けて、指揮官であるエルネスト・バルベルデ監督は、記録よりも難しい状況を跳ね返したことを称えたと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦に4-1で勝利し、迎えた10日の第2戦。誰もが4強進出を信じて疑わなかったなか、ローマのホームに乗り込んだバルセロナは0-3という衝撃的な逆転負けを喫し、CL王座奪還の夢は準々決勝で儚くも散った。

 それから中3日で行われた本拠地バレンシア戦。バルセロナは立ち上がりから、相手の果敢な攻撃に後手を踏む展開を強いられてしまう。それでも前半15分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスが先制点を決めて、なんとかリードを奪って前半を終えた。後半に入っても難しい状況が続いたが、後半6分にフランス代表DFサムエル・ウムティティがセットプレーから追加点。終盤にPKで1点を奪われたものの、辛くも逃げ切り、リーガ連続無敗記録を39試合に更新した。

 試合後、バルベルデ監督は「私は楽観主義者だ」と語り、持論を展開した。


「本当に記録について考えていなかった」

「大きな敗戦の後には常に難しい時間があるが、重要なのは次の試合でどんな反応を見せるかということだ。今週は本当に記録について考えていなかった。我々はそれを重要視していなかった。なぜなら、彼らが記録を持つことは普通のことだからだ」

 また、この試合で何度もビッグセーブを見せ、勝利に貢献したドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンに対しては、「彼は並外れたGKだ」と語り、「誰もが上手くいっていた。彼が止めて、他の選手はゴールを決めようとしていた」とチーム全体のプレーを称賛した。

 これで今季25勝7分、勝ち点を「82」に伸ばしたバルセロナ。このまま無敗を継続し、直近10シーズンで7度目のリーグ優勝を果たすことはできるのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

リーガ連続無敗記録の偉業達成も、バルベルデ監督は、「重要視してなかった」とコメント【写真:Getty Images】