ユナテッドが最下位相手に敗れて不覚、シティが5試合を残して優勝決定

 2017-18シーズンプレミアリーグは5試合を残し、首位マンチェスター・シティが4季ぶり通算5度の優勝を決めた。2位マンチェスター・ユナイテッドが現地時間15日の最下位ウェスト・ブロムウィッチ戦に0-1で敗れたことで、わずかに残されていた逆転の可性が消滅した。

 引き分け以上であれば首位シティの優勝決定は次節以降に持ち越しという状況だった2位ユナテッドだが、ウェスト・ブロムウィッチ相手に攻撃が沈黙。0-0で迎えた後半28分にはCKから元イングランド代表FWジェイロドリゲスゴールを許した。

 試合終盤にパワープレーを仕掛けたユナテッドだが、その後もゴールは奪えずに0-1でタイムアップ。前節シティとのダービーマッチでは3-2で逆転勝利と意地を見せたが、最下位相手に不覚を取った。

 この結果、残り5試合で首位シティ2位ユナテッドの勝点差が16に広がり、ペップ・グアルディオラ監督率いるシティが4季ぶり5度リーグ制覇を決めた。

 シティグアルディオラ監督ユナテッドの勝利を予想し、優勝決定は自分たちの結果次第とっていた。次節(22日)の本拠地スウォンジー戦での優勝決定を予想していたが、宿敵の自滅によって監督キャリア9年で7度リーグ優勝を果たした。就任2年のシティでは今季のリーグカップに続く2つタイトルとなった。

 シティは33試合終了時点で28勝3分2敗。いずれもリーグトップ93得点25失点と堂々たる成績でチャンピオンの座を手中に収めた。


Football ZONE web編集部)

シティが4季ぶり5度目のプレミアリーグ制覇【写真:Getty Images】