パス数リーグトップ10に5人がランクイン 「1点にかけた平均パス数」も断トツ1位

 マンチェスター・シティは現地時間15日、マンチェスター・ユナイテッドがリーグ第34節ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦に0-1で敗戦し、2013-14シーズン以来のリーグ制覇を成し遂げた。ペップ・グアルディオラ監督にとって悲願のタイトル獲得となったが、その異質のチーム作りについて英公共放送「BBC」がデータを用いて紹介している。

 グアルディオラ監督のスタイルと言えば圧倒的なポゼッション。個人とチームのデータを見ても、それは圧倒的だ。データ分析会社「オプタ」によると、今季プレミアリーグでのパス本数トップ10のうち、1位のアルゼンチン代表DFニコラ・オタメンディ(2902本/2665本成功)をはじめ、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(2601本/2344本成功)、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(2410本/2010本成功)、イングランド代表DFカイル・ウォーカー(2225本/1954本成功)、スペイン代表MFダビド・シルバ(2207本/1961本成功)と5人がランクインしている。

 また、「1ゴールあたりにかけた平均パス数」も異彩を放っている。マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、リバプール、チェルシーといった強豪が軒並み3本台なのに対して、シティは平均5.2本をマーク。グアルディオラ監督の特長が表れていると言っていいだろう。


「シティのゴールの大半は、戦術的ビジョンが実ったもの」

 面白いのは、今季から加入したブラジル代表GKエデルソンの“ゲームメーカー”ぶりだ。今季33試合に出場した24歳の守護神は872本のパスを通し、パス成功率は84.75%。自陣内に限れば95.09%と非常に高い確率を誇っている。昨季のチリ代表GKクラウディオ・ブラボとアルゼンチンGKウィリー・カバジェロのパス成功率がそれぞれ72.59%、76.47%だったことを踏まえれば、最後方でもポゼッションが強化されたと言えるだろう。

 記事では「流動的なスタイルはシンプルなものに見える。ただシティが奪った92ゴールの大半は、多くの時間を費やした密度の濃いトレーニング、何百万ポンドに及ぶ投資、そして『ポジショナルプレー』という戦術的ビジョンが実ったものだ」と記している。

 日本でも耳にするようになった“ポジショナルプレー”という言葉だが、グアルディオラ監督が標榜するスタイルが結果に直結したことで、さらなる注目を集めることになりそうだ。


(Football ZONE web編集部)

今季プレミアリーグでのパス本数トップ10のうち、5人がマンチェスター・シティからランクイン【写真:Getty Images】