北海道内は15日、道東地方を中心に荒れ模様の天気となり、雪景色となったところも。牧草が芽吹き始めたばかりの別海町の牧場は、一面の銀世界に早変わり。放牧された牛たちは体を寄せ合って牧草を食べていた。16日も寒気の影響で雪の降るところがあるが、その後は高気圧に覆われて気温も平年より高くなる見込み。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

季節が逆戻りしたような雪景色の中で草を食む乳牛=北海道別海町上風連で2018年4月15日、本間浩昭撮影