和歌山県が公表した16年度の高齢者虐待調査で、家族や親族による虐待に関する相談・通報が240件、実際に被害が確認されたのは147人と、いずれも06年度の調査開始以来最多になった。県は「社会問題として認知され、相談・通報が増えているのではないか」と分析している。被害者のうち、85%が女性だった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

和歌山県内の高齢者虐待の推移