広島県廿日市市で04年、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が自宅で刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された鹿嶋学容疑者(35)が、わいせつ目的で侵入したという趣旨の供述をしていることが分かった。遺体に着衣の乱れや暴行を受けた形跡はなく、盗み目的などの可能性も含め、県警は動機の解明を慎重に進める。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら