地方出身の私は、大学進学を機に実家を離れた。苦手だった家事も自分のやり方が板につき、世帯主として手続き等も一通り経験。一人で風邪をひいてもあまり動じなくなった。

私の一人暮らしは今年で10年になるが、友人の中には、未だに実家暮らしの人もいる。彼ら・彼女らはたまに「実家出たいなぁ」とこぼしている。

ガールズちゃんねるの「実家暮らしは何歳まで許されますか?」というトピックを読むと、実家暮らしを続ける中で揺れる、友人たちの気持ちも想像できる。

トピ主は社会人5年目の実家暮らしOL。実家に毎月3万は入れているが、周囲から「いつまで実家に居座ってるの」とプレッシャーを感じるようになったという。30歳までには結婚するか、一人暮らしを始めようとしているそうだが、世間的に実家暮らしが許されるのは何歳までか聞きたくなったようだ。(文:ツマミ具依)

「田舎なら結婚するまで実家暮らしとか普通」

やっぱり実家から出なきゃダメかな……

コメントは実家暮らしを容認する声が大半を占めた。

「自分もそうだけど、職場が家から通えない距離でもなければ結婚するまで実家出ない人多いよ」
「田舎なら結婚するまで実家暮らしとか普通です」

旧世代的ともいえるが、女性なら結婚するまでは実家暮らしでもいいという考え方は今も支持されているようだ。ただ、実家暮らしを続けるには条件があると指摘する人もいる。

「そのまま親の介護までするなら何歳でもOKだよ」
「ちゃんとお金入れて、親の老後の面倒も見る気あるならいくつまでいてもいいんじゃない」
「きちんとお金出して家事も分担すればいいんじゃないの 」

世間は、生活の負担が軽くなるのと引き換えに、何かを差し出すよう求めているようだ。家事は任せっきり、給与は全て自分の懐、親の老後は想定外という気持ちで実家暮らしをしていれば、非難の対象になってしまうだろう。

ちなみに、トピ主が家にいれる3万という金額に「さすがに少ない気がする」と引っかかる人もちらほら。金額はその家庭の事情もよるだろうが、「一人暮らししたらいくらかかるか」を基準に考えると、3万を「少ない」と受け止めるのも分からなくはない。

実家暮らしの欠点は「結婚を逃す可能性があること」

中には親の希望で実家暮らしをしている人もいる。

「貯金が貯まると言って実家から出したがらない親が多い。うちの親もそう」
「むしろ親の方が居てほしいって言うんだけど。私も家族が大好きだし結婚や何かしらの理由が出来ない限り実家から出たくない」

実家暮らしの経済的なメリットは子ども本人だけに限らず、生活費は抑えてお金を大事にしてほしいという親心とも一致する。家族からのプレッシャーがないなら、実家を無理に離れる必要性はあまり感じられない。

唯一の難点といえば、結婚が遠のく可能性があることだろう。

「アラフォー以降で実家暮らしだと男女共に『結婚する気は無いんだろうな』と勝手に思ってる」
「私の周りにもアラサー2人、アラフォー2人が実家暮らしですが、もれなく婚期が遅れてますね」

婚活市場でも「実家暮らしは結婚できない」とたびたび言われている。結婚をしたら実家を出ていくつもりが、シナリオ通りいかないと焦りが出てきたとき、実家暮らしに自問自答を繰り返すことになるかもしれない。