フリーアナウンサーの加藤綾子が16日、都内で行われたTBS系日曜劇場『ブラックペアン』(4月22日スタート、毎週日曜21:00~)のプレミアム試写会&舞台挨拶に、主演の嵐・二宮和也をはじめ、竹内涼真、葵わかな、加藤浩次、小泉孝太郎、内野聖陽と共に出席。本作での演技について、竹内と加藤(浩)から「エロい」と言われて照れ笑いを浮かべた。

海堂尊の小説『新装版 ブラックペアン1988』を原作とする同作。舞台となる東城大学医学部付属病院に突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプを巡る疑惑をきっかけに、外科医としてのプライドを守ろうとする“オペ室の悪魔”こと渡海征司郎(二宮)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に立ち向かっていく姿を描く。

治験コーディネーター・木下香織役で連続ドラマ初レギュラーを務める加藤(綾)は、「初めての連続ドラマなので至らないところが多いんですけど、みなさんに助けていただきながら必死に頑張っています」と話した。

加藤(綾)の演技について、加藤(浩)が「カトパンよかったですねー。エロい感じ出てましたよ!」と言うと、竹内も「エロいっす」と同調。竹内は現場でも「エロいっすよ」と加藤(浩)に伝えていたという。また、加藤(浩)が「悪女っぽい感じがする」と言うと、二宮が「しますよね」と頷いた。

加藤(綾)は、豪華キャストに囲まれての本格女優デビューに「恐ろしいですよ」と打ち明け、「内野さんにいろいろ教えていただいて頑張っています」と初々しくコメント。内野のから「この先も女優続けるんだもんね」と言われると、「頑張ります頑張ります」と言わされるように返した。

左から小泉孝太郎、加藤浩次、葵わかな、二宮和也、竹内涼真、加藤綾子、内野聖陽

画像提供:マイナビニュース