日清食品の数あるインスタント麺の中でも、熱な支持を集めるどん兵衛シリーズ。その新製品が4月23日に発売開始となるのですが、従来のどん兵衛とは一線を画した内容で発売前から話題となっています。

どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん

その新商品とはどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん。なんと、どん兵衛人気商品である『きつねうどん』『天ぷらそば』『うどん』でお染みの具材である油揚げ天ぷらの3種がトッピングされたボリューム満点の組み合わせとなっているのです。

『どん二郎』や『名古屋どん兵衛』のようにパンチの効いたどん兵衛は、これまでネットアレンジされて誕生してきましたが、公式でここまでパンチの効いたどん兵衛が登場するのは初めてと言えるでしょう。

うどん屋や立ち食いそば屋などでは自分の好きなように具材をトッピングできるのが醍醐味なのに、どん兵衛で他の具材をトッピングするにはトッピングする具材の数だけカップを開封しなければなりません。

それをひとつの商品を買うだけで実現できるわけですし、具材の相性も日清食品チョイスしているのですから間違いないはず。これは一刻もく食べたい……!

発売まで我慢できないから自作してみた

というわけで、発売まで待ちきれないので、現在販売されているどん兵衛を使って一足先に『どリッチ 全部のせうどん』を自作してみることにしました! 日清食品から実物の『どリッチ 全部のせうどん』も提供いただいたので、璧に再現できるよう較しながら挑戦します。

まずはどん兵衛きつねうどん天ぷらそば、うどんの3種を開封してみると、速気になることが出てきました。

うどんの「かやく」にはだけでなく、長ネギかすも一緒に封入されているではないですか。

『どリッチ 全部のせうどん』はだけしか入っていなかったので、璧に再現をするのなら地だけを取り出して使わなければなりません。仕方ない……。

細かい片までしっかり分別し、どうにか『どリッチ 全部のせうどん』と同じ状態にすることができました。

スープは『関西版どん兵衛きつねうどん』のものを使用

続いて問題なのがスープの味。『どリッチ 全部のせうどん』で使用されているスープと同じ味のものが存在しないのなら、そもそも再現することができません。

まず『どリッチ 全部のせうどん』のWebページチェックしてみると昆布とかつおだしが上品に調和したつゆ」と紹介されていました。

そして原材料チェックしてみると「食魚介調味料粉末しょうゆ粉、魚介キス、香辛料、ねぎ昆布キス、糖類、昆布粉末昆布調味料」と書かれています。これと同じ原材料を使ったスープを使うことができれば全再現が可となるのですが、他のどん兵衛をいろいろ調べてみると、ほぼ一致するどん兵衛を発見することができました。

そのどん兵衛とは関西どん兵衛きつねうどん原材料は「食魚介キス粉末醤油粉、昆布キス七味唐辛子ねぎ、糖類、昆布粉末」と、内容は若干異なりますが、大まかな並び順も同じなことがポイントです(使用量が多い順に並んでいるそうです)。

実際にそれぞれのスープカップに入れてみましたが、やはり色は完全に一致! ここは『どリッチ 全部のせうどん』のスープは『関西どん兵衛きつねうどん』と同じだと信じ、ふたつのカップ熱湯を注ぎます!

食べてみたら見事に完全一致! 『どリッチ』はあまりにも贅沢などん兵衛だった

熱湯を注いで待つこと5分。最後に天ぷらをのせ、ついに『どリッチ 全部のせうどん』が完成しました!

右が本物の『どリッチ 全部のせうどん』、左が自作の『どリッチ 全部のせうどん』なのですが、見たも見事に完全一致

っていうか、ひとつのカップの中に油揚げ天ぷらの3種が浮かぶ贅沢感があまりにもヤバい……! これまでにたくさんの製品が発売されてきたどん兵衛シリーズですが、間違いなく過去最高に贅沢でプレミアムな一品でしょう。

そして2品を食べべてみましたが、予想通り味も完全に一致『どリッチ 全部のせうどん』は『関西きつねうどん』のスープベースに開発された製品だと言えそうです。

昆布のダシが前面に出た関西どん兵衛スープが強くなく、見事に天ぷらの味を引き立てる約に回っています。関西スープだからこそ、夢のコラボが実現したといっても過言ではないでしょう。

もし、4月23日の発売が待ちきれないという方や、発売になったけどなかなか入手できないという方は、今回のように自で再現することも可ですので試してみてはいかがでしょうか。今まで味わったことのない贅沢などん兵衛を体験できるはずです。

ただし、自作で『どリッチ 全部のせうどん』を作ってしまうと、天ぷらなし天ぷらそば』『なしうどん』という地獄の2品が誕生してしまいますので、その点だけご了承ください。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』