夜景に浮かぶ打ち上げ花火をグラス越しに収めたら、きっとドラマチックな写真が撮れるでしょう。そんな撮影に、あるTwitterユーザーが挑んだのですが……おい、なんか爆発炎上シーンみたいになってるぞ。

【画像】「グラス越しの花火」成功例

 片付け入道こまちさんが、熱海海上花火大会で撮影。夜空に開いた花火を撮るはずがタイミングを誤り、水面近くの爆発を写してしまいました。付近の建物がまぶしく光っているのもあって、まるで町が爆発しているかのような光景。こまちさんは自ら「仕掛けが見事成功したのを楽しむ爆弾魔の視界」とたとえています。

 ツイートは8万以上リツイートされる注目を集めました。「空いた手でペルシャ猫をなでてそうな雰囲気」「メタルギアソリッド2のファットマンみたい」など、悪の組織のボスを連想する人が多いようです。

 なお、こまちさんは完全に失敗したわけでなく、本来撮りたかったシーンもしっかり撮影しています。こちらは実におしゃれで、「わかりやすいインスタ映えとTwitter映えの違い」と、的を射た指摘が寄せられています。

「計画の成功を祝して乾杯」みたいな