ダニエル アプトが4位でフィニッシュ/ローマで初開催のレースで、Team Audi Sport ABT Schaefflerが最多ポイントを獲得/シーズン初のヨーロッパ ラウンドで、アウディ ドライバーが観衆を沸かせる走りで反撃を開始

2018年4月14日 ローマ電気自動車レースシリーズフォーミュラE選手権の第7戦が、4月14日イタリア首都ローマで開催されました。このレースで、Team Audi Sport ABT Schaeffler(チーム アウディ スポーツ アプト シェフラー)のルーカス ディ グラッシが2位台を獲得し、チームメイトダニエル アプトも4位でチェッカーを受け、シーズン後半戦に向けて反撃を開始しました。

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

予選では十分な走りをすることが出来なかったアウディの両ドライバーは、それぞれ6番および9番グリッドからのスタートとなりました。ディ グラッシは、予選のタイムアタックでわずかなミスを犯し、上位5台で争われる最終予選の“スーパーポール”へ進出することはできませんでした。アプトは、予選でタイヤグリップに苦しみ9番手となりました。

しかし、アウディの両ドライバーは、これまでのレースで最長となるこのコースでは、マシン速さが重要なポイントになると確信していました。3万人の熱狂的なファンAUDI AG取締会会長パート シュタートラーが見守る中、彼らは印的な走りでその期待に応えました。

レース前半、アプトとディ グラッシは巧みにエネルギーを温存して、マシン交換までに他のライバルよりも1周多く走行することに成功しました。ピットストップ終了後、トップマシンとは10秒以上の差がありましたが、両ドライバーは見事なオーバーテイクで先行するマシンを1台ずつかわして、順位を上げていきました。レース終了直前に、ディ グラッシはトップを走行するサム バードの直後に迫り、しいバトルを展開しましたが、惜しくも0.970秒差で2位となりました。

ディ グラッシは次のようにコメントしています。「ローマで開催されたフォーミュラEで、表台に上がることができて大変嬉しいです。スタート直後に8番手まで後退してしまったので、2位という結果に満足しています。素晴らしいレースでした。アウディの全スタッフFanBoostで投票してくれたファンの皆さまに感謝します。今回のレースでは、セバスチャン ブエミをオーバーテイクするときに、ブースト機を使いました。」

アプトは、スタートチームメイトの前に出ましたが、その後のピットストップで手間取り、再びディ グラッシが先行する展開となりました。さらに、レース前半にはピットと交信するための線が使えないトラブルも発生しました。アプトは、次のようにコメントしています。「ピットと交信できなかったので、全に孤立状態となり、エネルギー管理に関する情報を受け取ることができませんでした。いずれにしてもマシンは速く、セカンドカーではトラブルは発生しませんでした。セバスチャン ブエミとアンドレ ロッテラーは、簡単には抜かせてくれませんでした。この2台をオーバーテイクするのに、かなり手間取ってしまいました。あと1周あれば、表台を獲得できたと思います。それでも、予選9番手からスタートして、重なポイントを稼ぐことができて大変嬉しく思っています。ファテストラップも記録することができました。」

チーム代表のアラン マクニッシュは、次のように述べています。「今日レースは、手に汗握る展開となりました。レース終了間際は、トップ3台の接近戦となり、ルーカスが優勝するのか、それとも3位になるのか、まったく分からない状態でした。最終的には2位と4位でフィニッシュして、ダニエルファテストラップも記録することができましたので、大変嬉しく思っています。パリで開催される次のレースを今から楽しみにしています。」

アウディ モータースポーツ代表のディーター ガスは、次のようにっています。「素晴らしいヨーロッパシーズンスタートを切ることができました。ローマというロケーションは最高の舞台で、コースの状態も良好でした。レースは波乱の展開となりましたが、良い結果を出すことができました。予選のグリッドを考えると、素晴らしいレースだったと言えるでしょう。」


第7戦を終了して、合計50ポイントを獲得したアプトは、ドライバーズラキングで5位となっており、39ポイントのディ グラッシは8位につけています。チームラキングは、4位にポジションを上げました。今回のレース31ポイントを獲得したTeam Audi Sport ABT Schaefflerは、ローマでもっとも成功を収めたチームとなりました。

アウディローマで、フォーミュラEのレーシングタクシーとして、未来的な電気自動車のレーシングカーコンセプトAudi e-tron Vision Gran Turismo(ビジョン グラン ツーリスモ)を発表しました。このマシンに同乗してサーキット走行を体験したゲストの中には、フォーミュラE CEOアレハンドロガグAUDI AG取締会会長パート シュタートラーも含まれていました。

第8戦は、2週間後の4月28日に、フランスパリで開催されます。次のレースでも、Audi e-tron Vision Gran Turismoがサーキットに登場します。


※本リリースは、AUDI AG配信資料の翻訳版です。

配信元企業アウディ ジャパン 株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ