16日午後、走行中の山陽新幹線のぞみ26号と19号からそれぞれ異音が聞かれ、車両点検による遅れが出た。異常は確認されなかったが、上り11本が最大37分遅れ、計約3500人に影響が出た。博多発東京行きのぞみ26号は姫路駅で臨時停止し、異常は確認されなかったが、新大阪で運転を取りやめた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら