ハリルホジッチ前監督(65)の電撃解任を受け、新たにサッカー日本代表の監督に就任した西野朗氏(63)。だが、一連の記者会見に不安を覚えたサッカーファンも多いだろう。説明に困ると、“日本らしさ”というフレーズに頼り切りだったからだ。発言を振り返ってみよう。

◆ブラジルW杯で惨敗した「自分たちのサッカー」の再来

 4月9日の会見で、突然の決定に協会が指針を見失っているのではないかと問われると、田嶋幸三サッカー協会会長(60)はこう答えた。

「日本らしいサッカーが確立されてきているなかで、私はそれをしっかりと志向してほしいと思います」
「日本らしいサッカーというのは、しっかりとボールを繋いでいくこと」
「常に世界にアタックしていくことで、それが自然に日本のサッカーになっていくものだと思っています」
(『サッカーダイジェスト』web 4月10日、会見全文より)

 西野氏の場合はこうだ。

 「日本化したフットボール、構築してきたものがあります。技術を最大限に生かしたり、戦い方においても組織や規律、結束したうえで化学反応を起こして戦える強さ」、これが「日本人のDNAでやれること」なのだそうだ。
(『サッカーキング』web 4月12日、会見全文より)

 こうした要領を得ない発言に、長年のファンなら思い当たるフシがあるだろう。

 そう、これは惨敗を喫した2014年のワールドカップブラジル大会でもしきりに言われた“自分たちのサッカー”の再来なのである。実際、会見後のネットには「雰囲気暗い」とか「不安しか感じない」といった反応の他に、「またかよ」とうんざりする声が見受けられた。

 もちろんアイデンティティを追求すること自体に何ら問題はない。しかし、日本代表が言い出すと途端に薄っぺらくなるのには理由がある。

 それは明確なメソッドやコンセプトの裏付けがあるわけではなく、思考停止に陥り、神頼みするしかない状況になったときにしか出てこない自分らしさや日本らしさだからだ。

 田嶋氏や西野氏のコメントを見ても分かる通り、そこには健全な批判精神が存在しない。ネガティブな要素に目をつぶることでしか描けない無責任なポジティブさだから、虚しさを覚えるのだ。

◆「“日本のサッカー”ってFIFA60位だよね?」と鼻で笑われた

 こうした敗者の精神論でしかない日本らしさは、子供たちのサッカースクールにも及んでいるらしい。ある欧州有名クラブのスクールを日本で運営している男性の話を紹介しよう。

 欧州クラブの子供は規定によって国内公式戦には出場できない。そこで地元のスクールと掛け持ちするわけだが、その際、欧州クラブ掛け持ちの子供が干されたり悪評を流されたりすることがあるのだという。

 「元Jリーガーが日本らしいサッカーを教えているのに、海外チームのやり方を教えられたら困る」と横やりが入るのだ。これを男性が欧州クラブの本部に伝えると、「FIFAランク60位の“日本のサッカー”を教えてどうすんの?」と鼻で笑われてしまったという。

 もちろん、たとえバカにされたとしても“日本らしいサッカー”のビジョンがあるのならまだいい。だが、地元スクール指導者に“日本らしさとは何か”と聞いても戦術論はそっちのけ。しまいには「元Jリーガーだって食べていかなきゃならないんだ」といった浪花節になってしまうのだという。早い話、既得権益を守りたいときに“日本”を持ち出すのだ。

◆コーチも日本人で固める西野新体制

 今回も、ハリル監督以下、外国人コーチも一掃し、西野新体制では全てを日本人で固めるそうだ。田嶋会長の言葉を借りれば、それこそが「日本サッカー界が蓄積してきた英知」なのだろう。

 だとすれば、ロシア大会後も日本の英知による“日本らしいサッカー”が見られるに違いない。ワールドカップまで2ヶ月しかなくても優先させるぐらい価値ある試みなのだから。

 いまのところは、そのように信じてみるほかないのだろう。<TEXT/石黒隆之>