作家僧侶瀬戸内寂聴さん(95)が4月16日公式インスタグラムを開設した。プロフィールは「瀬戸内寂聴95作家僧侶」とシンプルなものだ。

記念すべき1枚投稿は、"自撮り"にも見える写真だ。少しピントがぶれているが、カメラ線で明るい笑顔を向け、説法ではなく、

初投稿インスタグラム始めました 初投稿

というコメントを添えて投稿している。

日本最高齢のインスタラマーとして、瀬戸内なりの視点投稿をさせて頂きます」

公式インスタグラムをキャプチャ

インスタグラムを始める理由について、寂聴さんが代表を務める有限会社寂は、

「来15日に96歳の誕生日を迎え、いつも好奇心を持ち、色々なことに挑戦し続ける瀬戸内が、また新たに今回公式インスタグラムを開設する運びとなりました」

と説明。今後の投稿内容については「日本最高齢のインスタラマーとして、瀬戸内なりの視点投稿をさせて頂きます」としている。

16日18時現在で、フォロワーは28人。寂聴さんは、ほぼ毎開催している「法話の会」の参加倍率が約7倍にのぼることもあるなど、すでに大きな人気と影を持っている。今後"インスタラマー"や"インフルエンサー"としても名を馳せるのだろうか。

寂聴さんは1922年に徳島県に生まれ、63年「の終り」で女流文学賞を受賞。73年に得度し、法命・寂聴となる。92年「に問え」で谷崎潤一郎賞受賞。2006年文化勲章受章。2018年朝日賞受賞。執筆、法話など95歳をえてもなお精的に活動を続けている。