米英仏によるシリア攻撃への中東諸国の対応が割れている。シリアで影響力を拡大するイランとの関係をめぐる温度差があるためで、15日にサウジアラビア東部ダーランで開かれたアラブ連盟の首脳会議(21カ国・1機構)でも、シリア攻撃に対する統一的な見解は共同声明に盛り込まれなかった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

アラブ連盟首脳会議後の記者会見でイランの対応を非難するサウジアラビアのジュベイル外相=サウジアラビア東部ダーランで15日、AP