電通は4月16日、毎月1回、平日に全社一斉の休業日を設ける「インプットホリデー」を6月から試験導入すると発表した。毎月第2週か第3週の水曜日もしくは金曜日を休みにする。コンディションの調整、自己啓発に打ち込むなど「よりよいアウトプットのために、自分をインプットする日にする」(同社)という。

【その他の画像】

 社員が出社時、PC画面に表示される質問(1問)に直観的に答えると、その日のコンディションが客観的に分かるという「バイタリティノート」も、4月から一部で試験導入した。7月から全社導入する予定だ。

 電通では、2015年に新入社員だった女性社員が過労で自殺した問題が起き、業務プロセスの改善などを講じた。同社によれば、17年の1人当たり総労働時間は2031時間(前年比135時間減)となるなど成果を挙げているが、「改革の加速と社員一人一人の成長を後押ししていくため、新たに施策を導入する」としている。