スパイダーマン役のトム・ホランドが、マーベル最新作『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』のアンソニー・ルッソ監督と共に来日し、16日に都内にて行われたスペシャルファンミーティングに登場。トムとルッソ監督は本作の魅りつつ、ルッソ監督は『インフィニティ・ウォー』の続編となる第4弾には日本ファンに向けた“ギフト”シーンもあると言し、会場を沸かせた。

 アベンジャーズが最の敵サノスと熾な戦いを繰り広げるさまを描く本作。会場には選ばれた約480人ほどのマーベルファンが集結、アイアンマンキャプテン・アメリカハルクなどマーベルヒーローコスプレをしたファンも多く駆けつけた。そんな中、トムとルッソ監督が観客席側から姿を現すと、会場には割れんばかりの拍手がき渡った。

 大歓迎を受けたルッソ監督は、今回が初来日とあって「本当に念願っての日本で、世界を代表する都市なので、いろんな映画の中で出てくるたびにずっと憧れてきました。日本に来るのがこんなに人生で遅くなってしまったのが、信じられません」と大奮。そして、「『アベンジャーズ4』には日本のみなさんに向けたギフトもあります。まずは『インフィニティ・ウォー』の開を楽しみにしてほしいんですが、4では日本もフィーチャーされることになりますので期待していてください!」と監督が呼びかけると、会場は大盛り上がり。そんなイベント開始々からの重大発表に会者が心配すると、ネタバレ防止のために本作の脚本を読ませてもらってすらいないなどと言してきたトムは「には(作品について話す)許可は降りてないけど、監督なら話していいんだよ!」とジョークを飛ばし、観客を大爆笑させた。

 この日は、会場やTwitterなどで募集したファンからの質問に2人が答えるコーナーも実施。まさに“オールスター”という表現がふさわしい俳優の共演作ということで、その困難さを問われると、トムは「困難というよりも、素晴らしいかっこいい体験をさせてもらいました。自分自身も本編を観れていないのですが、それぞれのヒーロー間があると思っていますので」と本作をアピール。そして、「撮影現場でキャストたちは子供のようで、扱いにくかったと思いますが、本当にうまく揮してくださったと思います」とルッソ監督ねぎらった。一方のルッソ監督は「これほど才に溢れたキャストがこれほど集まる映画はかつてなかった。それぞれ単独で演じてきたみんなが共演するという、いかに重な場であるかということをキャストのみんなも認識していたので撮影現場は意気揚々としていました。群像劇なのでそれぞれのエゴはなしで、お互いがお互いを尊重し、創造性と協調性にあふれる映画になりました」とチームワークの良さをった。

 イベント終盤には、日本語吹き替えキャスト溝端淳平ファルコン役)と、アベンジャーズファン代表として俳優佐野岳も登壇。佐野は「アベンジャーズにどうしても入りたいんです。忍者はどうですか?」とトムに尋ねると、トムは「とてもいいと思う!」とノリノリながらも「でも、じゃなくて、監督に相談してください」と笑顔監督バトンタッチ。すると、ルッソ監督は「マーベルユニバースのいいところはなんでもありなので」と答え、会場を沸かせた。

 そして去り際、すでにマイクを返していたトムだったが、会者のマイクを拝借すると、「マーベルを代表してこれだけは言わせてください。いまこの作品のプロモーション世界をまわっていますが、世界中のファンがどんなに大きなものなのかをの当たりにして、自身も本当に感銘を受けています。ここ日本のみなさんも本当に最高なファンの方々ばかりで、本当に本当にありがとうございます!」と観客に向かって呼びかけた。(編集部・石恵美子)

映画アベンジャーズインフィニティ・ウォー』は4月27日

トムホ&ルッソ監督が来日!