防衛省が16日に公表した自衛隊イラク派遣時の日報。記載された事案の多くは当時から報道されてきたものが中心とみられるが、南部サマワ市周辺では、現場の隊員たちの緊迫した様子も記載されている。活動が「非戦闘地域」に限るとされた政府見解との整合性について、防衛省幹部は「問題になる部分はない」と強調する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

公表された陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報のコピー=防衛省で2018年4月16日午後6時17分、藤井達也撮影