財務省の福田淳一事務次官が16日、週刊新潮のセクハラ発言報道を否定した。財務省は、事実解明には双方の言い分を聞く必要があるとして、報道各社の女性記者に調査協力を呼びかける異例の対応を取るが、情報提供がなければ調査は「幕引き」になりかねない。「森友学園」問題に揺れる財務省の混乱は深まる一方だ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

警備員らに囲まれ、財務省を後にする福田淳一事務次官(中央)=東京都千代田区で2018年4月16日午後6時21分、佐々木順一撮影