安倍晋三首相は16日夜、東京都内の焼き肉店で自民党の岸田文雄政調会長と会談した。相次ぐ不祥事で求心力が低下する中、「政府・与党が結束して国民の信頼回復に努めなくてはいけない」との認識で一致。首相が当面の政権運営への協力を求め、岸田氏も受け入れたとみられる。

 会談で岸田氏は「状況は楽観できず、大変厳しい」と指摘。首相は「政府もしっかり説明責任を果たさなければならない」と応じた。会談後、岸田氏が記者団に語った。

 秋の党総裁選をめぐっても意見交換したが、岸田氏は内容を記者団に明らかにしなかった。「ポスト安倍」候補の一人と目される岸田氏は総裁選出馬について明言しておらず、今後の対応は関心を呼びそうだ。