ついつい言っちゃうジブリアニメのあの台詞
おたくま経済新聞

スタジオジブリといえば、「風の谷のナウシカ」に「天空の城ラピュタ」など数多くのメガヒットアニメを抱える国民的アニメ会社。

作品は地上波テレビで繰り返し放送され、子供の頃からすり込まれる様に見ているせいか、登場するキャラクター達になりきって「ジブリごっこ」をしたことがある人も多いのでは?

【関連:声優が同じで意外と驚くキャラクター】

 

今回はそんなジブリごっこで使われがちな台詞と使用例を集めてみました。

●天空の城ラピュタ

・高いところに登ったとき下にいる人ごみを見下ろして
―「見ろ!人がゴミのようだ!!!」と叫びながら悦に浸る

・見たくないものを見てしまったとき
―「目が!目がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」と目を覆いながら悶える

・誰かと手をつないでいるとき / 忘れたい物事に遭遇したとき
―「バルス!」と叫んでみる

・急いで外出するとき
―「40秒で支度しな」と連れに言って急かす

・夏に大きな入道雲を見て
―「龍の巣だ!」と驚く

●となりのトトロ

・暗い部屋や場所に向かって
―「まっくろくろすけでておいで!」と鼻の穴を膨らませつつ叫ぶ

・ポッチャリ体格な方に対して
―「あなた!トトロっていうのね!」とメイ風の舌ったらずで叫ぶ

・古い家に向かって
―「お前んちお化けやーしきっ!」と叫んで逃げる

●風の谷のナウシカ

・原っぱで両手を広げて立っている人を見て/青ワンピースの女性を見て
―「その者、青き衣をまといて金色の野に降りたつべし」とヨボヨボしながらつぶやく

・深夜の渋滞した道路で赤いテールランプが並ぶのを見て
―「オウムだ!!」と一人おののく

・BL論で話が合わない人に対して
―「あなたは、腐海を何も分かっていない。」と残念な顔で語りかける

・立ったままリバースしそうな酔っぱらいに向かって
―「今 使わずにいつ使うのだ! ゆけぇ!!!!!」と逆転裁判の「異議あり!」的ポーズを決めながら命令する

●紅の豚

・プールに飛び込む時 / ジャンプをしようとする時
―「飛ばねぇ豚はただの豚だ」と周囲にこれから飛ぶ事をアピールしてみる(ポッチャリ体格な方限定)

●もののけ姫

・森の中で人に出くわした時 / 関東の人が他の地域に行ったとき
― 「我が名はアシタカ!東の果てよりこの地に来た!」と名乗ってみる

・森や山で迷子になった時 / 家の中で一人の時
―「静かすぎる。コダマたちもいない…。」と周囲を見ながらつぶやいてみる。

 

あなたはいくつやったことがありましたか?
記者個人的には「天空の城ラピュタ」と「風の谷のナウシカ」はほとんどやったことがありました。

ちなみにこの記事を見て、「ジブリごっこ」なるものが存在する事を初めて知る方もいるのでは?そうした方は、ちょっとした気分転換や、他人の笑いを誘いたい時など是非活用してみてください。

全文を表示