人気イギリス歌手のエド・シーランが、『スラムドッグ$ミリオネア』『28日後…』などを手掛けたダニー・ボイル監督の次回作の出演交渉に入っているとDeadlineが報じた。

 同サイトによると、ボイル監督の次回作は音楽テーマコメディー映画となると報じており、エドはキャストの一人として出演交渉に入っているという。エド自身が楽曲提供もするのかについては未定だという。

 エドといえば、映画ブリジットジョーンズ日記 ダメな私の最後のモテ期』(2016)や人気テレビシリーズゲーム・オブ・スローンズ」のシーズン7にカメオ出演するなど、歌手だけでなく俳優としても活動の幅を広げている。

 ワーキングタイトルフィルムズが製作を担当し、ボイル監督製作を務めるという。脚本は『ラブ・アクチュアリー』(2003)で監督と脚本を務めたリチャードカーティスが担当する。キャストには『シンデレラ』(2015)でシンデレラを演じたリリージェームズイギリス人気ドラマイーストエンダーズ」のハイムシュ・パテルが名を連ねる。詳しい内容はまだ明かされておらず、今の撮影開始を予定している。(編集部:倉本拓弥)

俳優としても本格的に活動開始? エド・シーラン - Sergi Alexander / WireImage / Getty Images