EXILETAKAHIRO岩田剛典、山下二郎らが出演するオムニバス映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』(6月22日開)から、各短編のメインビジュアル開された。

 本作は、HIROEXILE)、俳優の別所哲也作詞の小正人の3人が打ち出した音楽映像融合したプロジェクトの最新作。6つのから生まれた6つの新しい楽曲をアーティストたちが歌いあげ、その世界観を映像化した全6編の短編作品で構成される。監督には『トイレのピエタ』の松永監督や『舟を編む』の石井裕也監督、『0.5ミリ』の安藤桃子らが名を連ね、題歌を TAKAHIRO三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY'ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPが担当する。

 今回お披露されたのは、6編それぞれのメインビジュアル「カナリア」松永監督)から造作な舎に佇む TAKAHIRO、「ファンキー」(石井監督)から帽子サングラスというファンキーな装いの岩田や池ら5人の男たち、「アエイオウ」(安藤監督)から遠くを見つめる、「Kuu」(平林監督)から奇抜な髪型装で岩場に立つ石井奈、山口坂東希、「Our Birthday」(Yuki Saito 監督)から笑顔バースデーケーキを持つ青柳と佐愛美、そして「幻の果て」(岸本監督)からは銛を振り上げている山下の姿を確認することができる。

 本作のキャッチコピーは「6tears…言葉たちが泣いている。」となっており、主人公たちの深い想いが表現されている。各話のストーリー音楽と共にどのような作品をつくりあげるのか、期待が高まる。(編集部・大内

牛舎に立つTAKAHIRO/松永大司監督「カナリア」 - (C) 2018 CINEMA FIGHTERS