「小さい頃から美少女」「めっちゃ可愛い」。そんな羨望のコメントが寄せられるのも理はないだろう。女優平愛梨4月4日、自身のインスタグラムで可すぎる幼少時代の写真開した。

小学1年生〉〈懐かしい〉〈小さかった〉とのハッシュタグを添え、〈が置き手紙していきました。その中に私の幼少期の写真がたくさん。なぜに?持って来たんだ?振り返りなさい!ということか〉と、インスタグラムった。どうやら母親から大量の懐かし写真を渡されたようで、その中の1枚を掲載しているのだが、そこに写る帽子を被り、ランドセルを背負ったまさに美少女そのもの。

 彼女の横にはの姿も一緒に立っているものの、やはり視線は当然ながら左端の“奇跡美少女”へと集中してしまう。

彼女が芸界へデビューするキッカケとなったのはDA PUMPISSAのオーディションですが、そこでは8000人の応募の中からグランプリに選ばれました。それでもなかなか芽が出ず、これでダメなら芸界を去るという覚悟で挑んだ、映画20世紀少年』のオーディションで、3000人を制して大役をゲット。ところが、ブレイクのきっかけは、その美貌を活かした演技ではなく、芸界屈の“天然キャラ”なのだからわからないものです。しかし、最後にはみごと、“長友佑都の伴侶”というゴールも決めるという実も発揮している」(テレビライター

 ホンモノの美少女は、やはり子供の頃から“別格”だ。

木村

アサ芸プラス