2018年4月14日(土)から東京・あうるすぽっとにて舞台『High Lifeハイライフ-』が初日を迎えた。初日前、ゲネプロが行われ、古河耕史、細田伊藤ROLLYドラッグで過かつ退的に生きる4人の男たちのどうしようもない生き様を演じた。

古河耕史

古河耕史

集まった4人の男はいずれもジャンキー。保護観察中のディック(古河)、出所したばかりのバグ伊藤)、女性関係で追い込まれているビリー細田)、そして腎臓が一つしかないドニーROLLY)。社会から全にれ落ち、行き詰まっている彼らはディックが思いついたある計略に乗って一攫千を狙う。それは銀行ATMを襲って大をせしめるというものだった。

盗難の中で息をひそめる4人。それぞれのテンションが極限までりつめ、一触即発の事態となるが―。

まず観る者に衝撃を与えるのは舞台に映し出される様々な映像ドラッグキメると本当にこのような内状態が展開されるかも、と思わせる悪夢のようなイメージが、劇中のしい音楽と相まって何度も押し寄せてくる。4人の恍惚とした表情、理性のタガが外れて奔放に飛び跳ねている様子は、行き場のない彼らが一幸福を感じている状態なのかもしれない。

4人は的に向けてひとまずを合わせようとしているが、そもそも固いがある訳でもないため、隙あらば対立や憎しみの火種をくすぶらせる。その一方、懐柔しようとしたり、ときにはで屈させようともする。たった4人だけの共同体であり、頭はドラッグでぶっ飛んではいるが、そこには普通の人間と同じ人間関係が存在する。言い換えると、例えドラッグをやっていなくても々の周りでも常に起こりうることを彼らを通して見せられているのかもしれない。そんな思いを感じさせた。

観終わった後は、ヤバいクスリをから大量に流し込まれたような、妙な爽快感が残る舞台。“合法で”トリップしてみたい方はどうぞ劇場へ。

取材・文・撮影=こむらさき

(左から)細田善彦、伊藤祐輝、ROLLY、古河耕史