俳優の加瀬現在の所属事務所・アノレから独立していたことが4月13日付の一部スポーツで報じられた。事務所側では3月いっぱいに加瀬が円満退社したと明かしているという。

 加瀬は事務所先輩である浅野忠信の付き人から芸生活をスタートし、映画を中心に活躍。連続ドラマへの出演が少ないため知名度は高くないものの、独特な存在感と演技により実俳優としての評価は高い。それゆえ独立して個人事務所を立ち上げても仕事への影はないと見られているが、その一方で安易な独立俳優にとって不利に働くケースが多いという。芸事務所関係者が明かす。

「加瀬の場合は映画仕事メインなので影は少ないのですが、テレビドラマメイン俳優だと、事務所からの独立は相当にリスクの高い選択となります。というのも事務所に所属していない場合、ドラマキャストに選ばれる可性がグッと下がるからです。それは決して事務所関係の問題だけではありません。個人事務所俳優だとそもそも、キャスト補にあがる可性が少なくなりますからね」

 ドラマキャストを決める場合、制作サイドから各事務所に対してオーディションが告知される。ドラマ制作部のが掲出されたり、告知用を置くがあったりして、それを見た事務所だけがオーディションに参加できるというケースも少なくないというのだ。

「大ヒットドラマ半沢直樹』(TBS系)では、役柄や役名を明記せずに『演技の上手な役者む』とだけ書かれていたというエピソードが知られています。これがきっかけで選ばれたキャストには、おねえのしゃべりが印的な金融庁主任官を務めた片岡之助の名前も。その之助も大手事務所松竹エンタインメント所属ですから、この役にたどりつけたわけです」(同・芸事務所関係者)

 事務所との相性が悪いと思っている俳優も、加瀬ほどの実がない限りは、安易に独立を考えないほうがよさそうだ。

根麻子)

アサジョ