米商務省は4月16日(現地時間)、中国ZTEへの米企業からの製品販売を向う7年間禁止すると発表した。同社が商務省とイランと北朝鮮への違法な製品供給をめぐって結んだ合意に反したため。

【その他の画像】

 ZTEは2017年3月、イランと北朝鮮への違法輸出を認め、11億9000万ドルの罰金支払いと、米国の輸出管理規則(EAR)に再度違反した場合の7年間の輸出特権剥奪に合意した。商務省は、ZTEがこの件について何度も虚偽の報告をしたとしている。

 ZTEの製品には、米Qualcommや米Intelのプロセッサが採用されている。同社は米国でも多数のAndroid端末を販売しており、今月には80ドルのAndroid Go端末を発売した。

 米連邦通信委員会(FCC)のアジット・パイ委員長は3月、米国の安全保障のリスクになる海外企業からの製品およびサービス購入に関する規制を提案しており、17日にこの規制案についての公開ミーティングが行われる。