ネットオークション、チケット転売サイトなどで、ライブコンサート演劇スポーツ試合の人気チケットが高額で転売されることが顕著となっている状況を受け、童、マリMay J.ZEEBRAが、16日、衆議院第一議員会館で行われた「高額チケット転売に反対するアーティストアスリートの要望を議員有志が聞く会」に出席。きゃりーぱみゅぱみゅ藤井フミヤ織田信成カンニング竹山らもビデオコメントを寄せ、高額転売の現状を訴えた。

 アーティストからの意見として、崎は「CDセールスが落ち、コンサートでの収益が、アーティスト制作を支えている現状で、高額転売は、アーティストクリエティブサイクルを壊してしまうほど、深刻化している」と摘。May J.は「私のチケットが高額で転売され、会場の最前列ん中が席だったことが何度もあった。高い額を支払わないと良い席で見られないことが当たり前になったら、ファンアーティストの関係が壊れてしまう」と不安を口にした。きゃりーぱみゅぱみゅも「コンサートには小さいお子さんと、親御さんの世代をえた幅広い年代のファンの方に足を運んでもらっている。迷惑行為は許せません」と訴えた。

 同席した「コンサートプロモーターズ協会」会長中西夫氏によると「危機感を持ったのは、2016年ごろ。ある転売サイトが、転売が正当であるかのテレビCMを始めた」のがきっかけという。その後のリサーチで、ある人気アーティストコンサートチケットの3分の1の枚数が、転売的で転売屋にさばかれた例や、東京ドームコンサートの最前列、約150枚が30万円以上で転売された例、人気ミュージカルの数千円のチケットが99万円で販売されたケースがあるという。

 「2020年東京オリンピックパラリンピック大会推進議員連盟」幹事長の自民党遠藤利明氏は、これを受け「東京オリンピックパラリンピックのチケット販売が来年のに始まる。その前に、法律の整備は不可欠」と話す。

 また、の議員が参加する「ライブエンタインメント議員連盟」会長自民党石破茂氏は「チケットの高額転売について、きちんとした法規制が今までなかったが、それをやらねばならないという思いで、勉強を進めてきた。だが民に『そうだ、そうだ』と言ってもらわない限り、推進にはならない。多くの人が楽しめる日本の文化、芸術スポーツの向上や、発信を高めるためにも重要」とし「『今国会中に法案を通したい』と強調していた。(取材・岸田智)

チケット転売について語ったMay J.