中国メディア東方網は15日、日本政府が来年より「出税」を実施することに対して、多くの中国人が意外な反応を示しているとする記事を掲載した。

 記事は、「日本旅行は近年中国人に大変人気であり、日本の至るところで中国人観光客を見かける。中国人日本でショッピングにも勤しむため、日本観光業に対して実に大きな経済効果をもたらすのだ」と紹介した。

 そして、昨年は700万人あまりの中国人観光客が日本を訪れ、約1000億人民元(約1兆7000億円)を消費したと摘。これは日本を訪れる外国人観光客の中で最も高い割合であり、中国人観客が日本観光業にとってのの客層であり続けているとした。また、訪日外国人観光客全体も増加傾向にあり、昨年は予想をえる2900万人が日本を訪れたことで、日本観光業はより多くの利益を挙げたと伝えている。

 そのうえで、「しかし、日本はこれに満足しないようだ。来年1月より、日本を出する人1人当たり1000円の税を徴収すること決めたのだ。1000円という額は決して高くはないが、数万人という中国人観光客の数を考えると、税収は非常に大きな規模になる」とした。

 記事は、日本政府が「出税」を導入する的が外国人観光客向けの観光インフラ整備、そして、2020年東京五輪の準備資にあるかもしれないと説明。「多くの中国人はこの情報を聞いて怒るどころか、むしろ拍手をしている。それはなぜか。導入を歓迎する多くの中国人は、日本旅行できるのなら、1000円多く支払うなど大したことない、もっと多く徴収してもいいくらいだと考えているのだ」と伝えた。

 もともとインフラの充実ぶりや質の高いサービスが評価されてきた日本観光業。「出税」で集めたお金観光インフラの更なる充実に用いられるのであればそれは大歓迎、ということのようである。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

日本の「出国税」に対し、多くの中国人観光客が怒るどころか歓迎している・・・それはどうして?=中国メディア