27万人超が予約待ちの悟空のきもちに新フロア「睡眠宇宙船」がオープン
 日本で最初の頭の専門店「悟空のきもち」(本店 京都市)を運営する株式会社ゴールデンフィールド(社長 金田 淳美)は頭の筋肉に精通し、独自の触れかたにより10分程度で快感を絶頂に高め一気に寝落ちさせる絶頂睡眠のほぐし技術が人気を賜っています。

3カ月満席となっている大阪心斎橋・表参道・銀座や京都に加え、このたびリラックスとは真逆「アトラクション睡眠」をテーマにした旗艦店 悟空のきもち原宿神宮店に新コンセプトフロア「睡眠宇宙船」を4月20日オープンいたします。
店舗エントランス
当店の眠らせる技術を応用した宇宙船に乗り、すべてのお客様を宇宙の寝落ち感覚へお連れする旅をお楽しみ頂けます。今年1月の「タイムマシン」フロアの発表で、原宿神宮店は現在5万6千人が予約キャンセル待ちに並ぶなか、今回は、待望の新フロアの解禁となります。
睡眠宇宙船
■ 絶頂睡眠とは 
 絶頂睡眠の技術は快感を頂点に高め、一気に落ちる気絶に近似する寝落ちが特徴です。
この技術は眠くない人でも10分程度で、ほぼすべての人を眠りにつかすことができます。
当店は、年間5万人以上の頭をほぐす技術研究にてドーパミンなど快楽ホルモンが生成される脳幹に、体で唯一直接繋がる頭部筋膜層への独自のアプローチ法を開発。
通常の安堵状態の寝落ちと異なる、絶頂状態から、一気に落ちる寝落ちは完成しました。
※今回の新フロアは快感の絶頂でふわふわと浮かび一気に寝落ちする新体験に生まれ変わります。
施術イメージ
 当店は、絶頂睡眠の快感で人気が沸騰、既存の全店舗上限の3カ月満席。予約キャンセル待ち総数は5店舗合計で本日(4月17日現在)27万8212人超を賜る評価を頂いております。
 日々みる夢の内容も様々。従来の抽象的で日々のあたりまえの「睡眠」という概念を、外で楽しむ特別な快感の娯楽として成立できた事が、多くの支持を頂けている理由と考えています。

■ 宇宙船に至った経緯 
 今回の睡眠宇宙船のコンセプトは、絶頂睡眠の寝落ちを体験したお客様がSNSなどで「無重力のように浮いて落とされる感覚」と言われたのがきっかけ。新アトラクションとしてこの感覚を追求するため、有名テーマパークなど手掛ける建築・空間デザインチームの協力を頂き、銀河の旅のゆな睡眠宇宙船フロアを完成させました。
宇宙船の行き先は、もちろん絶頂の夢の世界となります。

※4月20日より10日間 メディア向け1日2社限定の体験取材会を開催します《要予約》
ご取材賜れば、快感の寝落ちとともに新感覚「睡眠宇宙船の旅」の体験・撮影が可能です。
睡眠宇宙船内
● 「悟空のきもち」の主な特長
■ 店舗営業は、11時~夜 21時まで
■ 料金は2,050円~ ございます。
ホームページ http://goku-nokimochi.com/(または、検索で「悟空のきもち」)

配信元企業:株式会社ゴールデンフィールド

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ