インターネットサービスにお金を払う

(©ぱくたそ)

海賊漫画サイト漫画村』のような違法サイトがなくならないのは、それだけ利用者がいるからだ。「インターネット上にあるものは無料」との意識が、多くの人にあるのだろう。

しらべぇ編集部では、全2060代の男女1,361名に「インターネットについて」の調を実施。

その結果、じつに52.2%もの人が「インターネットサービスお金を払うのは、あまり好きではない」と回答したのだ。

■違法サイト利用を公言するのは未成年に多い

性年代別では、20代男性だけが3割と較的少ない割合である。

インターネットサービスにお金を払うグラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

違法サイトを利用するのは、若い世代のように感じるが…。

IT系の会社にいるので、サービスを維持するのにコストや労がかかるのを知っている。でも、さらに下の10代の子たちは、まだそんなことがわからない。

だから気で、『漫画村がなくなって寂しい』とかツイートしてしまうんだと思う」(20代男性

一方で、同じ20代でも、女性は半数近くと多くなっている。

ファッションや美容の情報は、女性向けサイトを見れば十分。これと競合するのは、ネットサービスよりも雑誌だと思うけど…」(20代女性

■お金を払うまでのサービスがないとの声も

インターネットサービスお金を使いたくない大人は、そこまでネットジャンキーでない人が多い。

お金を払ってまで、使いたいサービスはない。音楽動画も『YouTube』があればそこそこ楽しめるので」(30代・女性

また興味があっても、数あるサービスの中で使えるお金は限られるとのも。

「定額制のサービスがたくさんあるけど、興味を持って次々に契約をすると、気づかないうちに支払いが大変なことになってしまう。

なので本当に必要かじっくりと考えて、利用するか判断するようにしている」(30代・男性

■サブスクリプションが主流に

インターネットサービスは、サブクリプション方式が流になってきている。定額制で安定した利益を得ることで、サービスの維持ができるのだ。

映画が好きなので、『Netflix』は欠かせないサービスって言ってもいいくらい。アメリカでは値上げがあり、日本もそろそろと言われているけど、元が安すぎるくらいだから仕方がない」(30代・女性

音楽ストリーミングサービスは悩んだ末に、『Spotify』に決めた。に何枚もCDを買っていた時代にべると、コスパの良さは半端ない」(40代・男性

サービス提供者や著作者に還元されなければ、新しいものが生まれなくなる。違法サイトの利用は文化の衰退に繋がることを、もっと子供たちに教えていくべきだろう。

・合わせて読みたい→漫画村が「漫画タウン」として復活か 「出版社の努力不足」主張に怒りの声

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2018年3月23日2018年3月27日
:全20代60代の男女1,361名 (有効回答数)

『漫画村』など違法サイトのせい? ネットサービスにお金を使わない人たち