上川陽子法相は17日の記者会見で、逃走した受刑者が潜伏している可能性がある広島県尾道市の向島で、刑務官に24時間体制で学校や幼稚園などの警備に当たらせることを明らかにした。逃走から1週間以上が経過しており、児童・生徒らの安全確保に万全を期す考えだ。

 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から8日に姿を消した平尾龍磨受刑者(27)は向島に移ったとみられ、島内では窃盗被害も続発。法務省は逃走を受け、通常は刑務所内で受刑者の指導を行う刑務官を警備要員として向島に派遣し、17日からは関西、九州地方などからも増派。計96人が島全域の幼稚園、保育園、小中学校など18カ所で警備を行う。

 上川氏は逃走長期化で住民の不安が高まっていることに関し、「誠に申し訳ない」と陳謝。「一日も早い身柄確保に向け全力で取り組む」と語った。