BSスカパー!初のオリジナルアニメとして2018年4月から放送開始となったTVアニメ『グラゼニ』より、4月20日(金)放送予定の第3話「県人会」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『グラゼニ』、第3話のあらすじ&場面カット

■第3話「県人会」
神宮スパイダースに山梨県人会なるものがある。リーダーはOBで解説者の徳永。彼は成績不振の若手外野手の大野と凡田夏之介に同郷の先輩としてカツを入れた。大野には年間30本塁打のベースに乗せるために今から4試合で本塁打を4本打てと、夏之介には防御率を2点台まで下げろと、厳しいノルマを課した。これはプロで生き残るために必要な数字なのだと。2人はノルマ達成を目指して試合に臨んだ。

○●『グラゼニ』裏話

■漫画家/アダチケイジ氏
すこし関係ない話していい?ぼくね、もう10年使ってるガスライター持ってるの。アルミ銀の型押し。シブい。しかも蓋を開けるたびカキーンって音する。全盛期の松井の打音みたく。緊張感のある良い音なんだこれが。これからもずっと使うと思う。いつかその時が来たら墓に入れて欲しいね…。
ん? そうそう…グラゼニアニメの話だったね。観た感想?
まるでぼくのライターみたいだね!……え?モチ最高の出来ってコトさ!

TVアニメ『グラゼニ』は、BSスカパー!にて放送中。各詳細は公式サイトにて。

(C)森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社

画像提供:マイナビニュース