6日、人気アイドルグループ乃木坂46生田が自身のブログに、「彼女足湯なう に使っていいよ〜笑」と書き込み、白石麻衣白色の湯に足を浸け、満面の笑みを浮かべているショットアップ。「かわいすぎてニヤけてしまう」「そのお湯のなかに浸かりたい」などとファン奮させた。

生田が今回アップしたのは、今25リリース予定の最新シングルシンクロニシティ』(N46Div.)のMV撮影の際のオフショット。寒い中、裸足パフォーマンスしなければならなかったため、スタッフ足湯を用意してくれたとのことで、白石の他にも3期生・与田希が足湯に浸かっている画像も投稿されました。白石にはクール・ビューティーというイメージを持つファンも多いだけに、『邪気な笑顔がいつもとはギャップがあって破壊ハンパない』『まいやんの笑顔さえあれば、もう他になにもいらない』などと、喜んでいたようです」(芸関係者)

 天使のような笑顔を見せてくれた白石だが、週刊誌FRIDAY」(講談社)の連載『木撮』に掲載された画像がファンの間で反を呼んだ。

「同連載は、乃木坂46メンバーが楽屋裏のオフショットコメント付きで紹介する人気コーナーなのですが、先9日発売号に、白石高山一実のを磨いてあげている画像が掲載されました。撮影した若美によれば、白石は楽屋で歯磨きをしているメンバーを見つけると、『仕上げは白石さ~ん』と歌いながら手伝ってくれるとのこと。乃木坂46ではかつて、2016年卒業した深麻衣が慈深い性格から“”の称で親しまれましたが、今回の画像で面倒見の良さが発覚したため、『まいやんが継承する?』『ちょうど名前も同じだしね』などとファンは盛り上がりをみせているようです」(同)

 深卒業する直前には、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)内で“第2のオーディション企画が行われ、生田秋元未央奈が立補したものの、“”の名付け親である陽菜をはじめ他のメンバーからの抗議によって却下。およそ2年が経った今、ふたたびの協議を期待する白石ファンの間で高まっている。

乃木坂46・生田絵梨花公式ブログより