富士通は4月17日、メインフレーム製品「GS21」シリーズにおいて、超大型機「FUJITSU Server GS21 3600モデルグループ」、中・大型機「FUJITSU Server GS21 3400モデルグループ」を販売開始すると発表した。

あわせて、新モデルに対応したソフトウェア「FUJITSU Software GSS21sx V20」の販売も開始し、オープンシステムとの連携を強化する。

新モデルは、従来モデルに比べCPU性能が最大約20%向上しており、マルチクラスタシステムでは、システム記憶装置へのアクセス回数を削減することで、トランザクション処理性能を高めている。

オープンシステムからメインフレームデータベースへのリモートアクセス機能を基本ソフトウェアとして標準搭載するとともに、ファイル転送機能の強化により、XSP OS上でも最大280GBのデータを一括で転送が可能。

「GS21 3400」では、マルチクラスタシステムにおいて1筐体に2クラスタの搭載が可能となり、設置面積を最大約40%縮小できる。オールインワンモデルでは、周辺装置も筐体内に搭載が可能。

同社は、顧客のメインフレーム継続のニーズに対応するため、中長期ロードマップを刷新し、2030年以降もメインフレームの継続提供と強化を保証する。

価格は、FUJITSU Server GS21 3600モデルグループ(全35モデル)が1138万2000円から、FUJITSU Server GS21 3400モデルグループ(全29モデル)が101万5000円から、「FUJITSU Software GSS21sx V20」(基本ソフトウェアパック)が83万7000円から(いずれも税別)。

画像提供:マイナビニュース