中野裕之監督映画『ピース・ニッポン』が7月14日から東京新宿バルト9ほか全開される。

同作は、日本映像写真というに見える形で後世に残す企画『ピース・ニッポンプロジェクト』が、約8年の歳をかけて全47都道府県200か所以上で撮影した映像を選出し、4K解像度映画化したもの。4K上映は一部4K上映対応劇場のみとなる。

ナビゲーターは小泉今日子と、映画でのナレーションは今回が初となる東出昌大が担当。劇中歌には竹内まりやの“いのちの歌”が起用されたほか、劇中では、細野晴臣の“悲しみのラッキースター”やモーリス・ラヴェルの“ボレロ”、ディズニー映画ピノキオ』の題歌“星に願いを”なども使用される。音楽岡野幹が手掛けた。

メガホンを取ったのはONE OK ROCKドキュメンタリー映画FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM』や、今井布袋寅泰GLAYらのPVを手掛けてきた中野裕之。同監督は「この映画は、日本映像写真や音で後世に遺すプロジェクトが作り上げた、日本美しい映像を見ながら、日本人の精歴史や全の美を一度に見ることができる、いわば日本ベスト盤です」とコメントしている。

中野裕之監督コメント
この映画は、日本映像写真や音で後世に遺すプロジェクトが作り上げた、日本美しい映像を見ながら、日本人の精歴史や全の美を一度に見ることができる、いわば日本ベスト盤です。お寺と神社の違いを、海外の人と同じくらい知らない世代が増えました。一度見るとプチ日本通。活性化したい地方を支援し、日本する人を増やして日本を元気にしたいと思って8年間撮影しました。全の撮影者が一期一会で出会った美しい日本を見てしてください!

左から小泉今日子、東出昌大 ©2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC