パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニックアクションランペイジ 巨獣大乱闘』。キョダイカガトマラナイ、規格外サイズモンスターの大暴れっぷりに絶賛コメントが相次いでいます。

日本開に先駆けて4月13日)に、全世界開された本作は、イギリス中国ロシアなどを含めた、世界16ヶで週末収No.1を叩き出し、大ヒットスタート。全では13日~15日までの週末3日間で3,450万ドル(約37億円※1ドル=107円換算)を記録し、初登場第1位を記録しています。

行成績だけではなく、作品の評価も巨大化中で、ストーリー性も十分あり、個性的なキャラクターたちに色づけられた本作は、必ずや観に来たお客を満足させて帰らせるだろう」(フォーブスなど、巨たちの大乱闘の先にある本作の深さに、大絶賛のが止まらず、作品の質の高さも伺えます。

日本でもいち映画を観た著名人からのコメントが到着。巨大な人食い赤カブト」とたちの死闘を描いた、1980年代週刊少年ジャンプ集英社)に連載された『牙 ―流れ星 ―』の漫画家高橋よしひろ先生は、「うらやましいくらい、自分では描けないものが全て入っている映画。お世辞じゃなく、本当にすごい作品、巨大な作品だと思います。ジョージみたいなゴリラ描いてみたい」漫画では描くことができない本作の世界観を大絶賛!

松井珠理奈さん(SKE48)は「巨の大きさに負けないくらいの感動!オオカミがあんな上まで飛んでくるとは!」と未だベールに隠されているストーリー予想外に感動をしたようです。

加えて映画コメンテーター有村昆さんは「“シンプル・イズ・ザ・ベスト”とにかく、デカけりゃいいのだ!最近はあれもこれもと“幕の内弁当”的な作品が多い中、この映画は“焼肉弁当”と割り切っている!!」カロリー高めな本作を絶賛。開を前に期待が高まるコメントとなっています。映画開を震えて待て!

動画超絶パワーで大暴れ!『ランペイジ 巨獣大乱闘』巨プロフィール紹介
https://www.youtube.com/watch?v=-_M2pIFEKOQ

ストーリーある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラオオカミワニなどの動物たちが巨大化暴化してしまった。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所をして、北大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちにはミサイルも効かない。怪獣たちの的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニックアクション

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』