海を渡って旅するチョウとして知られる「アサギマダラ」の雄は、植物の蜜や汁から特定の化学物質を摂取しないと交尾しないことを発見したと、広島大と玉川大(東京都)の研究チームが発表した。物質は中枢神経に働きかけ、刺激薬のような役割を果たす。交尾に不可欠な物質を外から得る動物は珍しいという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

交尾中のアサギマダラ(雄は右)=本田計一・広島大名誉教授提供