タレントの高田延彦が、16日に配信されたWeb番組配信用スタジオ「浅草九スタ」の番組『高田横粂の世相談義』で、15日に横浜アリーナで開催されたWBC世界フライ級タイトルマッチに出場した比嘉大吾の体重超過について「陣営のミス」「本人が一番の犠牲者」とコメントした。

同番組は、元総合格闘家の体育会系・高田延彦と、東京大学法学部出身の文化系コメンテーター・横粂勝仁が、「今現在、高田延彦が気になっている時事ネタ」を徹底討論する生ワイドショー番組。

スポーツ好きの横粂が、番組冒頭で比嘉の減量失敗について高田にコメントを求めると、高田は「簡単に一言で言うと、陣営のミス。戦うファイターを1から10まで管理しているのは陣営。適正体重もわかっているはず」と指摘。「無理な減量ではなく、適正体重で試合ができるように管理・徹底することが大事」と意見を述べ、「本人が一番の犠牲者」と比嘉を気遣う場面も見られた。

比嘉は、前日計量でリミットより900グラム重い51.7キロを記録。日本人で初めて、世界戦での計量失格となった。王座を剥奪された比嘉は、当日午前8時の計量で設定された55.3キロを下回る54.7キロでクリアしたものの、同級2位のクリストファー・ロサレスに9回1分14秒TKOで敗れ、プロ初黒星を喫した。

画像提供:マイナビニュース