4月15日東京中野サンプラザにて、バンドじゃないもん!ホールライヴ『バンもん!コンサート2018 サブカル大相撲ドス!ヨイショ!〜場所はっけよいのこった〜』東京演が開催された。

演はそのタイトル通り“相撲”がモチーフステージにはメンバーの名前を四股名アレンジした幟が掲げられ、“和”な雰囲気の中、“相撲”な独特の節回しによる呼び上げとともに、新衣装に身を包んだメンバーがひとりひとりステージへと“土俵入り”。「はっけよーい!のこったー!」の掛けとともに“場所”の幕が切って落とされると、「キメマスター!」「Oh!バイブス」と初っ端から全速で飛ばすバンもん!に、もんスターファン称)も熱い声援で応える。

この日が初お披露となった新衣装について、りんごが「デザイン屋さんをやらせてもらったなのな〜」と告白すると、場内からは賞賛のが上がった。甘夏ゆずの「“相撲”ということで、みんなのジャパニーズ心を引き出します!」という振りからの「結構なお点前で」から始まったブロックでは、“相撲”や“和”を感じさせる演出を織り交ぜ、ライヴを盛り上げていく。 5月9日両A面シングルBORN TO BE IDOL/する犯罪」をリリースすることをめて告げ、「どちらも作曲GLAYHISASHIさんなのだ!HISASHIさ〜ん!」とみさこステージ上から呼びかけると、客席内にいたHISASHIが手を振ってそれに応え、会場中がざわつくひと幕も。もんスターの期待も高まる中、新曲「する犯罪」が初披露された。

ライヴ後半へと差し掛かると、ここまでの流れとは一転し、バラードヒラヒラ」を披露。バンもん!パフォーマンスに常に全援で応えるもんスターたちも、この時ばかりは静かにを傾ける。その後、望月みゆは「ラストパートです!なぜそれを言うかって?みなさんに出し切ってもらうためです!」ともんスター煽り、「青春カラダダダッシュ」を皮切りに“沸き曲”で一気に駆け抜け、ステージを後にした。

鳴り止まないアンコールに応えて、楽屋裏を描いたラジオドラマのようなSEから、80年代アイドルの新衣装着替えメンバーが再び登場すると、新曲「BORN TO BE IDOL」を初披露した。この日最後のMCではメンバーひとりひとりが想いを述べ、大サンライズは「これからもアイドル界のサブカル横綱として、ますます上をしていきます!」と強く宣言。七星ぐみはもんスターが一堂に会したこの日のライヴについて「ここは世界一幸せな場所なんだって、心が安心しました」と述べ、場内は暖かい拍手に包まれた。

バンドじゃないもん!5月4日NHK大阪ホールにてホールライヴ大阪演を行い、5月9日にはGLAYHISASHIの楽曲提供による両A面シングルBORN TO BE IDOL/する犯罪」をリリースするのでぜひチェックしてほしい。

写真/勝永裕介

バンドじゃないもん!、中野サンプラザ公演で“春場所”開幕!GLAY・HISASHI提供の新曲を初披露!!