地で0勝1敗&防御率6.00、「精面の弱さ」を摘するに…

 カブスダルビッシュ有が、開幕から3試合に登板して0勝1敗、防御率6.00と、新地で苦しいスタートとなっている理由について「下手くそなだけ」と自身のツイッターで明かしている。

 ダルビッシュ3月31日日本時間1日)の敵地マーリンズ戦は4回1/3を5安打5失点で勝ち負けつかず。7日(同8日)の敵地ブルワーズ戦は6回2安打1失点9奪三振と好投したが援護に恵まれず、13日(同14日)の本拠地ブレーブス戦は5回に不可解なボーク判定から崩れ、4回2/3で9安打4失点4四球4奪三振で初を喫した。

 新地でまだに恵まれていないが、自身のツイッターで「精面の弱さ」を摘するメディアを紹介した一部報道について「人は結果が出ないとよく精面に持って行きたがります」と言及。そして「トミージョンの後は技術が戻らない部分や身体的な課題が多すぎてクリアするのに時間がかかっているだけ。要するに下手くそなだけ(笑)」とった。

 右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)後のリハビリを乗り越え、2016年5月に復帰した右腕だが、技術を戻すのに「時間がかかっている」という。ただ、「日々前進しているので諦めないことが大事ですね」とも言及。さらなる前進を誓った。

 次回登板21日(同22日)の敵地ロッキーズ戦の予定。打者有利のクアーズ・フィールドだが、結果を残したいところだ。(Full-Count編集部)

開幕から勝ち星が無いカブス・ダルビッシュ有【写真:田口有史】