女優の佐藤仁美さんが17日、東京都内で開かれた「ライザップ」新CM発表会に登場した。体重を61.6キロから49.4キロに減らした佐藤さんは、おなかが見え、スリットから美脚を見せるドレスを披露しながら「女優だったことを思い出した。変な自信がでてきました」と話しながら「菜々緒ちゃんに近づいたなと。(キャラが)かぶる」と“舌好調”で、関係者を笑わせていた。

 ダイエットの経緯について、佐藤さんは「良い年齢ですし。やせたらもてるんじゃないかなと。そんな安易な考えから始まっています」と明かした。1カ月半は何を食べていいのか分からず苦戦していたが、食べるものが分かってから軌道に乗り、ストレスがたまるよりはいいと、好きなお酒も飲めたことも大きかったという。体重12.2キロ減、体脂肪率10.5%減、ウエストも20.5センチ減のボディーを3カ月かけて作った。

 やせて変わったことは「歩くのが好きになった。そして酒が弱くなったのでちょうど良い」と話した。酒量の変化については「以前は夜9時から朝を迎えて昼まで飲んでいたけれど、今は夜中の2時、3時で終わる。酔っ払うし眠くなるんです。私にとってはなんて素晴らしいんでしょう」と喜んだ。

 結婚については「とっくにしたいです」と即答し、時期を聞かれると「今年。交際0カ月の電撃婚に憧れているんです」と力を込めた。フリーの期間は「4、5年ぐらいですね。なんて質問するんですか。(一人でも)それなりに楽しいんです」と口は最後までなめらかだった。

 佐藤さんの新CMは、3カ月前と今のボディーを比較するという内容。18日から全国で放送される。

「ライザップ」新CM発表会に登場した佐藤仁美さん