サッカーJ2の大宮アルディージャは大宮RCに協力し、昨年に練習で使用したボール40個をブラジルの子供たちに贈る。15日にはNACK5スタジアム大宮で地元の子供らがボールを磨いた。今年で10回目の「エコ・ボールプロジェクト」はブラジルの子供に「日本の幸せをおすそ分けして恩返しを」との想いで始まった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

山越康平選手(奥中央)とともにブラジルに贈るボールを磨く子供たち=さいたま市大宮区のNACK5スタジアム大宮で2018年4月15日、錦織祐一撮影