16日に行われたボストン・マラソンで川内優輝(埼玉県庁)が日本選手として31年ぶりに優勝したことを海外通信社は画期的な出来事として報じた。ロイター通信は「衝撃的な勝利」の見出しを掲げ、悪天候の中、40キロ付近でトップに立ったレース内容を評価。川内はフルタイムの仕事を持つ市民ランナーで、多くのレースに参加していることを紹介した。

 AFP通信は、川内にとって海外のレースを含めて5大会連続優勝であるとし、「人生で最高の日だった。これが世界最高のレース」との談話を取り上げた。