2軍では20試合に出場し打率.270、4本塁打、18打点をマーク

 ロッテ井口監督17オリックス戦の試合前、新外国人マットドミンゲス内野手に関し、「結果としては出ているが、内容としてはあまりいいとは思っていない。波があったりする」と々の1軍昇格に否定的なニュアンスを示した。

 メジャー通算42本塁打を誇り中軸として期待の高かったドミンゲスは開幕から2軍調整が続き、20試合で74打数20安打打率.270、4本塁打、18打点(16日時点)をマークしている。

 井口監督は「ほとんどの試合を見ている」と、ネット中継やビデオなどで2軍の試合を欠かさずチェック。それでも、開幕からDHで出場し13試合で8安打を放ち、2000本安打まであと30本に迫った福との兼ね合いもあり、新外国人野手の起用は慎重に構えている様子だった。(細野功 / Yoshinori Hosono

ロッテのマット・ドミンゲス【写真:荒川祐史】