ナポリに所属するスロヴァキア代表MFマレク・ハムシクが、最後まで優勝を諦めていないことを明かした。イタリアメディア『トゥットメルカート』が16日に伝えた。

 ハムシククラブ公式サイトインタビューで「まだ勝ち点を全部で18取ることは可だが、ユーヴェとの勝ち点差は大きい。しかし、数字の上で可性がある限り、最後の最後まで優勝を信じ続ける」とコメント

ミラン戦での引き分けは、とても辛いもの。ミランよりも多くのチャンスを作ったのだが。今は、次の試合、ウディネーゼ戦のことを考えるしかない。サン・シーロでの戦いのことは忘れ、次の標について集中しなければいけない」と話し、ミッドウィークに控えるウディネーゼ戦に向けて意気込みをっている。

首位ユヴェントスとの差がさらに開いたナポリだが… [写真]=Getty Images