昨年10月から休館していた東京都江戸東京博物館東京都墨田区)が、半年の日を経て、2018年4月1日(日)に再オープンした。1階と5階のミュージアム・ショップリニューアルし、1階レストランには銀座の老舗「銀座洋食 三笠館」「カフェ三笠」が新オープン。ほか、エレベータートイレなどの館内施設を更新し、東京の文化創造の拠点としてさらなる快適な場所づくりをす。

オープンを記念し、特集展示『写楽の眼・する歌麿浮世絵ベストセレクション-』(4月1日5月6日)と題し、東写楽の《市川鰕蔵の竹村定之進》、喜多麿の《歌撰之部 物思》を常設展示室にて初開している。

また、東京ルーツである江戸がいかにして政治経済・文化の中心へと発展していったのかを紐解いていく番組『NHKスペシャル シリーズ大江戸』(4月29日~放送予定)と連動した『大江戸』展(4月1日5月13日)や、“美意識”と“サステナブル”をキーワードに、江戸からつながる今とこれからの東京を考えるクロストークパフォーマンスイベントも実施する。

今回の再オープンで、江戸東京歴史に触れて理解を深められる場所としてよりパワーアップした江戸東京博物館。その見どころを、3月31日に開催されたプレスレビューの内容を通じて紹介しよう。

写楽と歌麿の新コレクションお披露目
博物館がやっとの思いで入手した浮世絵は必見!

江戸時代、庶民も楽しめる娯楽として爆発的に広まり、西洋の画たちにも多大な影を与えた浮世絵。なかでも東写楽(生没年不詳)と喜多麿1753?-1806)は最前線で活躍した浮世絵師である。

ふたりの共通点、それは半身やバストアップなど顔を大きく描いた「大首絵」だ。それぞれの代名詞、写楽の「役者大首絵」、歌麿の「美人大首絵」は、革新的な人物画として当時の人々に新鮮な驚きをもたらし、200年以上たった現代でも高い人気を誇っている。

本展は4つの章からなり、本館所蔵の写楽・歌麿浮世絵版画作品と、厳選した関連資料30点を開する。なかでも特に注したいのが、写楽の《市川鰕蔵の竹村定之進》、歌麿の《歌撰之部 物思》で、いずれも初開となる。

市川鰕蔵の竹村定之進 東洲斎写楽

市川鰕蔵の竹村定之進 東写楽

写楽の《市川鰕蔵の竹村定之進》。「女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)」の一場面、「成寺」の役で師役の竹村定之進を描いたものだ。竹村定之進は不義密通が明るみになった・重の井の身代わりとして、成寺の鐘の中で切腹する役である。

演ずる市川鰕蔵(前名・五代市川十郎)は、当時の歌舞伎役者の中でも随一といわれた名優で、この絵はその格が十二分に表されている。写楽の作品の中でも最高傑作のひとつで、内のみならず海外でも有名な作品だ。そののこもったの形が本館ロゴマークモチーフとなっているいきさつもあり、本館が25年かけてようやく収集できた思い入れの強い作品でもある。

裏の落書きから、浮世絵がいかに庶民の暮らしになじむアートだったかがわかる

裏の落書きから、浮世絵がいかに庶民の暮らしになじむアートだったかがわかる

歌撰恋之部 物思恋 喜多川歌麿

歌撰之部 物思 喜多麿

麿の《歌撰之部 物思》。「歌撰之部(かせんこいのぶ」は、する女たちの表情のにある心の動きを描写した5つの題による連作で、そのうちの「物思(ものおもうこい)」は、歌麿絶頂期の美人大首絵として特に名高い。剃り落とした、燈籠鬢(とうろうびん)に結ったから年増(既婚)の女性ということがわかる。頬杖をつき、物思いにふけるその一を描くことで、女性の心の内面を見事に表現した作品だ。

写楽・歌麿が活躍した寛政年間は、「質素倹約」をうたう寛政の革が行われ、抑圧された時代であった。浮世絵にも規制が及び、それまで全身を描くのが常識だった美人画に大首絵の手法がとられたのは、規制をくぐり抜け、より印強い美人画を描くためだ。そのため、歌麿吉原の遊に通い、女性の仕や表情の観察をしたという。

高島おひさ 喜多川歌麿

高島おひさ 喜多麿

本展ではほかにも寛政の三美人のひとり、高島屋おひさをモデルにした《高島おひさ》なども開されている。浮世絵歴史を変えたともいわれる「大首絵」を、ぜひその場で堪してほしい。

「江戸」から「大江戸」へ
史上最大のロスト・シティーの歴史を追う

小さな下町だった「江戸」が、次第に上方を駕する経済を持ち、独自の文化を成熟させて「大江戸」として繁栄するまでを5つの章立てで追うのが、この『大江戸』展である。展示する87点のなかには当館所蔵の資料に加えて重要文化財が含まれるほか、新たに発見された重な歴史資料も開される。そのひとつが、徳川家康の慶長期江戸城を描いた絵図 《江戸始図(えどはじめず)》だ。

江戸始図(松江歴史館所蔵) 展示期間4月24日~5月13日

江戸始図(歴史館所蔵) 展示期間4月24日5月13日

江戸始図》は江戸時代初期の江戸城を描いた絵図で、昨年、島根県松江市歴史館が所蔵する資料のなかから発見され、ニュースになった。江戸城修が繰り返されるなどし、家康が築いた創築期の江戸城の詳細はに包まれていた。だが、この《江戸始図》によって、家康が築いた江戸城中心部の詳細をはじめて的確に把握できるようになったという点で、非常に画期的な資料といえる。

本展では一連の「慶長江戸図」を展示しており、順を追って見ていくことで、江戸城本丸の構造の変遷について理解を深められる。

帰りはフォトスポットで決めポーズ!

帰りはフォトスポットで決めポーズ

といえば、“技館”や“相撲”のイメージが強く、逆にいえばそれ以外の印はやや控えめな印であった。しかし、本館のみならず、博物館、すみだ北斎美術館と文化的素因は整っており、JRには商業施設がオープンするなど、このはめざましい発展をとげている。本展を訪れる際には、両というの再発見もおすすめしたい。