元恵比寿マスカッツの川村りかが16日、自身のブログで子宮頸部腺がんを患っていることを公表。その翌日17日、再びブログを更新した川村は今の心境をつづり「戦いはこれからですが、頑張ってみます!」と意気込みをつづった。

 川村は16日のブログで子宮頸部腺がんを公表し、来週に広汎子宮全摘出術を受けることを発表。「内心、、、、グッチャグチャです。やっぱりもう1人産みたかったー!」と悲痛な胸の内を明かしていた。

 川村は17日、「手術9日前。」と題してブログを更新。「何か悪い夢でも見てるのかな? ウソウソ! こんなのウソーだよー! って誰か言ってくれないかな」と胸の内を明かした。

 川村には子宮を残したまま手術を行うという選択肢もあるというが、「子宮を残すことはこれからの私の命の保証がない。もちろん、子宮を残して手術をして、状況がいい方もいると思います。だから、今、私も、心がたくさん揺れてるんです」と複雑な思いを吐露。そしてブログに寄せられた励ましのコメントや同じ病気だったという人からのコメントに「涙が止まらなくなりました。悲しい涙なのか、嬉しい涙なのか、わかりませんが、とても助かりました。あと、『頑張って!』という言葉もこんなにも優しくて心強くなる言葉だと改めて感じました。まだ戦いはこれからですが、頑張ってみます」と前向きにつづると「ありがとうございます」と感謝し、最後は締めくくった。